研究紹介

本学バイオバンク検体を用いた循環腫瘍由来DNA (ctDNA)の包括的解析研究

循環腫瘍由来DNA (Circulating Tumor DNA: ctDNA)は血中に放出された腫瘍由来のDNAであり、正常細胞由来のDNA断片(Cell Free DNA: cfDNA)と共に血液中の無血球分画で検出されます。この血中ctDNA を解析することにより、個体の「がんの遺伝子変異の地図」を再構築できる可能性があることから、採血によるctDNA解析は「リキッドバイオプシー」と呼ばれています。リキッドバイオプシーは臨床的なスキルを必要とせず、低侵襲で施行可能であるため、ctDNAモニタリングによる治療効果判定、再発有無の早期発見や、変異解析に基づいた個人に最適な治療法の選択など、汎用性が高く大きな可能性を秘めています。本学バイオバンクに収集管理された臨床検体を活用するために、ctDNAの遺伝子変異を包括的に解析するアルゴリズムの開発を目指し、バイオインフォーマティクス分野、実験プロトコール分野でのエキスパートによる共同研究協力を介して、本研究を進めています。


医工薬集約型microRNA創薬研究

消化器・泌尿器癌を含めた固形腫瘍は発がん過程で多数の遺伝子変異が生じ、個人により変異パターンが異なるため有効な治療法確立が困難です。そこで我々は、難治性癌に対する新規治療法の開発としてmiRNAの創薬化研究を進めてきました。miRNAは体内に内在し発癌過程で脱制御され発癌に至ります。即ちmiRNA創薬は補充療法であり副作用が少なく、多数の遺伝子を一度に標的し面(システム)として捉えるため既存の治療とは一線を画します。

現在のmiRNA創薬に対する最も大きな障壁は、RNA分解酵素の制御と有効な薬剤輸送システム(DDS)の開発です。そのためには、医工薬の知見を集約した研究が必須であり、工学・薬学系の様々な研究室と連携し、臨床応用に向けた検討を進めております。

◎大阪医科大学雑誌(THE JOURNAL OF MRDICAL COLLEGE) 第77巻(1・2合冊号)2018年9月 57-69 総説 「谷口高平:microRNA創薬による次世代がん治療」が掲載されました。PDFファイルでご覧ください(PDF:files/files20181114114123.pdf

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.