研究者検索

坂口翔一(Shoichi Sakaguchi)

名前
坂口翔一
所属
微生物学教室
役職
助教
3Sentencesでの研究紹介

[研究テーマ]ウイルスの存在意義の解明:網羅的解析技術の発展によってたくさんのウイルスが発見され、その進化の過程が少しずつ解き明かされている。人獣共通感染症の解析や新規ウイルスの探索を通じて、ウイルスの存在意義を探ることを目的としている。

研究上の技術

細胞培養、ウイルス、遺伝子クローニング、遺伝子発現、RNA干渉法、組換えタンパク発現・精製、レンチウイルスベクター、分子生物学的手法全般、メタゲノム解析、系統解析

研究キーワード

ウイルス学、バイオインフォマティクス、パラミクソウイルス、レトロウイルス、人獣共通感染症

代表的論文(5編以内)

1.       Sakaguchi, S., Nakagawa, S., YOSHIKAWA, R., Kuwahara, C., Hagiwara, H., Asai, K.-I., Kawakami, K., Yamamoto, Y., Ogawa, M. & Miyazawa, T. (2014). Genetic diversity of feline morbilliviruses isolated in Japan. Journal of General Virology 95, 1464–1468.

2.       Sakaguchi, S., SHOJIMA, T., Fukui, D. & Miyazawa, T. (2015). A soluble envelope protein of endogenous retrovirus (FeLIX) present in serum of domestic cats mediates infection of a pathogenic variant of feline leukemia virus. Journal of General Virology 96, 681–687.

3.      Sakaguchi, S., Koide, R. & Miyazawa, T. (2015). In vitro host range of feline morbillivirus. J Vet Med Sci 77, 1485–1487.

4.       Koide, R., Sakaguchi, S. & Miyazawa, T. (2015). Basic biological characterization of feline morbillivirus. J Vet Med Sci 77, 565–569.

5.       Tsuchiaka, S., Naoi, Y., Imai, R., Masuda, T., Ito, M., Akagami, M., Ouchi, Y., Ishii, K., Sakaguchi, S. & other authors. (2018). Genetic diversity and recombination of enterovirus G strains in Japanese pigs: High prevalence of strains carrying a papain-like cysteine protease sequence in the enterovirus G population. PLoS ONE 13, e0190819–18

公的研究費獲得状況
-
特許

出願番号 特願 2015-74880、「新規ネコモルビリウイルス株、不活化ワクチン製剤、感染症予防法」

坂口翔一、宮沢孝幸、川上和夫、浅井健一、2015 4 1

リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

 教室 HP スタッフ紹介:http://www.omc-m.org/about/stuff/

教室 HP 研究内容:http://www.omc-m.org/research/kiso-virus/

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.