研究者検索

栃澤健史(Takeshi Tochizawa)

名前
栃澤健史 (Takeshi Tochizawa)
所属
IR室
役職
特別職務担当教員(講師)
3Sentencesでの研究紹介

社会移動論を基礎とした現代社会における市民性の育成の研究。
大学教育(ゼミナール・実習・高大連携授業・地域連携教育)の実践に関するアクション・リサーチ。
大学IRに係る統計的および質的調査。

研究上の技術

社会調査

研究キーワード

社会移動、社会階層、市民性の育成、大学教育

代表的論文(5編以内)

栃澤健史,2010,「若年不安定就労層と居住地 ―『フリーター』大都市集中説の検証―」,『ソシオロジ』165.
栃澤健史・太郎丸博,2011,「若年不安定就労層にみる地域間格差」,『現代の社会階層 第一巻 格差と多様性』,東京大学出版会.
上田達・栃澤健史,2014,「調べる―社会学/人類学の歩き方」,『現代社会を学ぶ』,ミネルヴァ書房.
栃澤健史,2014,「移動―不平等の変容」,『現代社会を学ぶ』,ミネルヴァ書房.
栃澤健史,2017,「高大連携授業におけるアクティブラーニングの実践」,国際研究論叢303.

公的研究費獲得状況
-
特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.