研究者検索

府川 晃子(Akiko Fukawa)

名前
府川 晃子
所属
看護学部
役職
講師
3Sentencesでの研究紹介

病棟や外来、緩和ケア病棟やご自宅など、さまざま場所や場面で治療を受けるがん患者さんを支える看護を探求しています。

研究上の技術

ELNEC-JThe End-of-Life Nursing Education Consortium Japan)コアカリキュラム指導者

研究キーワード

がん看護、化学療法、外来看護、緩和ケア

代表的論文(5編以内)

・進行がん患者のギアチェンジを支える援助における阻害要因―がん診療連携拠点病院の緩和ケアチームに関わる医師への面接を通して―(原著論文)高知女子大学看護学会紀要,第60, 23-34, 2011

・外来化学療法患者に対する抗がん剤の安全な管理・曝露予防に関するセルフケアへの支援(原著論文):高知女子大学看護学会紀要,第62, 11-202013

・看護師と医師の協働による進行がん患者のギアチェンジを支える援助, 高知女子大学看護学会誌, 401, 97-108, 2014

・外来化学療法を受けるがん患者の治療療養生活の認識と実態, 高知女子大学看護学会誌, 411, 86-96, 2015

・化学療法を受ける高齢がん患者のQOLに関する文献レビュー, 府川晃子, 日本がん看護学会誌第31巻に掲載予定

公的研究費獲得状況

「分子標的薬を内服する高齢肺がん患者のアドヒアランスを高める看護プログラムの開発」(科研:若手B)研究代表者

「再発乳がん患者のがんとともに生きる力を支える心理社会的看護介入プログラムの開発」(科研:基盤C)研究分担者

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)

看護学部 看護実践発展領域

http://www.osaka-med.ac.jp/deps/dns/kenkyuryoiki/10.html

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.