研究者検索

寺口佐與子(Sayoko TERAGUCHI)

名前
寺口 佐與子
所属
看護学部
役職
講師
3Sentencesでの研究紹介
-現在取り組んでいる主なテーマは
1がん手術後のリンパ浮腫予防,発症後の支援に関する研究
2肝移植術後レシピエントの自己管理に関する研究
3外来看護師の家族看護に関する研究
研究上の技術
-
研究キーワード

-リンパ浮腫,乳がん術後,自己管理,生体肝移植,レシピエント

代表的論文(5編以内)
1.寺口佐與子,藤原正恵,河原宣子(2014) 障がいをもつ患者の家族看護に対する外来看護師の家族看護の体験. 天理医療大学紀要2(1).75-84
2.Arakawa C, Teraguchi S, Akazawa C Nishizono T, Yamamoto M2014Self-Management of Infection Control Behavior of Adult Recipients of Living-Donor Liver transplantation Within 5 Years After Transplantation. Transplantation proceedings46(3)838-840.

3.熊野光沙,赤澤千春,寺口佐與子(2014)肝移植を受けた成人レシピエントの退院後の生活における自己管理行動の現状.日本移植・再生医療看護学会学会誌.923-16

4.Akazawa C, Nishizono T, Yamamoto M, Teraguchi S, Hayashi Y (2013)Investigation of actual daily lifestyle leading to continuous self-management after living-donor liver transplantation: More than 5 years living with living donor liver transplantation and emotions of recipients, The Japan Journal of Nursing Science,10(1)79-88.

5.赤澤千春,寺口佐與子,西薗貞子(2009)生体肝移植術を受けた成人レシピエントの術後精神症状の有無と心理・身体的要因との関係について.日本移植・再生医療看護学会学会誌.4(2)3-14

公的研究費獲得状況
研究代表:

2013-2017年度 科学研究費(挑戦的萌芽)周術期乳がん患者の体重増減に関する続発性リンパ浮腫予防プログラムの開発

研究分担:

2013〜2017年度 科学研究費(基盤C)生体肝移植のレシピエント,ドナー,家族のニーズにあった情報提供システムの構築

2012-2016年度 科学研究費(挑戦的萌芽)生体肝移植を受けたレシピエントの退院後の自己管理支援プログラムソフトの開発

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
-
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.