研究者検索

柴田 雅朗(Masa-Aki Shibata)

名前
柴田 雅朗
所属
解剖学教室
役職
准教授
3Sentencesでの研究紹介
名古屋市立大学大学院医学研究科にて学位(病理学)を取得後、National Cancer Institutes (Frederick, MD, USA)およびNational Institutes of Health (Bethesda, MD, USA)で癌の生物学、遺伝子改変動物の作出、癌遺伝子治療を研究し、1999年~2010年まで大阪医科大学、2011年~2016年まで大阪保健医療大学大学院を経て、20168月から大阪医科大学に戻り、継続的に脈管新生に焦点を当てて乳癌の予防・治療の研究をしている。最近では東南アジア原産の果実マンゴスチン果皮に含まれるα-Mangostinの生物活性に魅せられ、その抗腫瘍効果と共に動脈硬化抑制実験も行っている。
研究上の技術
培養実験、疾患モデル動物を用いた実験、分子生物学全般、病理組織学全般
研究キーワード
脈管新生、乳癌、転移抑制、遺伝子治療、マンゴスチン
代表的論文(5編以内)

1.         Shibata, M.A., Iinuma, M., Morimoto, J., Kurose, H., Akamatsu, K., Okuno, Y., Akao, Y. and Otsuki, Y. (2011) a-Mangostin extracted from the pericarp of the mangosteen (Garcinia mangostana Linn) reduces tumor growth and lymph node metastasis in an immunocompetent xenograft model of metastatic mammary cancer carrying a p53 mutation. BMC Med., 9, 69.

2.         Shibata, M.A., Ambati, J., Shibata, E., Albuquerque, R.J., Morimoto, J., Ito, Y. and Otsuki, Y. (2010) The endogenous soluble VEGF receptor-2 isoform suppresses lymph node metastasis in a mouse immunocompetent mammary cancer model. BMC Med, 8, 69.

3.         Shibata, M.A., Morimoto, J., Shibata, E. and Otsuki, Y. (2008) Combination therapy with short interfering RNA vectors against VEGF-C and VEGF-A suppresses lymph node and lung metastasis in a mouse immunocompetent mammary cancer model. Cancer Gene Ther, 15, 776-786.

4.         Shibata, M.A., Ito, Y., Morimoto, J. and Otsuki, Y. (2004) Lovastatin inhibits tumor growth and lung metastasis in mouse mammary carcinoma model: a p53-independent mitochondrial-mediated apoptotic mechanism. Carcinogenesis, 25, 1887-1898.

5.      Shibata, M.A., Liu, M.-L., Knudson, M.C., Shibata, E., Yoshidome, K., Bandy, T., Korsmeyer, S.J. and Green, J.E. (1999) Haploid loss of bax leads to accelerated mammary tumor development in C3(1)/SV40-TAg transgenic mice: reduction in protective apoptotic response at the preneoplastic stage. EMBO J., 18, 2692-2701.

公的研究費獲得状況

1.      アポC3をターゲットとした高中性脂肪血症, 動脈硬化症に対する革新的核酸医薬の開発(厚労科研分担者、2011-2015年度)

2.      テネイシンC抗体とα-マンゴスチンとの複合による乳癌転移阻止の試み (基盤研究C代表者、2012-2014年度)

3.      SATB1VEGF-C siRNAとデコイベクターによる乳癌リンパ節転移阻止(基盤研究C代表者、 2009-2011年度)

4.      siRNAとデコイベクターによるリンパ管新生因子機能喪失と乳癌リンパ節転移阻止(基盤研究C代表者、2007-2008年度)

5.      リンパ管・血管新生遺伝子のsiRNAベクター複合によるマウス乳癌転移阻止への試み(基盤研究C代表者、2005-2006年度)

6.      2つの血管新生抑制遺伝子と自殺遺伝子との融合遺伝子による乳癌遺伝子治療効果の増強(基盤研究C代表者、2003-2004年)

7.      アポトーシス誘導遺伝子baxおよび自殺遺伝子を融合させた膀胱癌に対する遺伝子治療 (基盤研究C代表者、2000-2002年度)

8.      アポトーシス誘導遺伝子による癌遺伝子治療の基礎研究 文科省私立大学等経常費補助金特別補助・大学院重点特別経費(代表者、 2000年度)

特許
マンゴスチン抽出物の動脈硬化および脂肪肝発症に対する抑制効果(特願2015-225113
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
-
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.