研究者検索

田中 義久(Yoshihisa Tanaka)

名前
田中 義久
所属
解剖学教室
役職
助教
3Sentencesでの研究紹介

キナーゼは、自己免疫疾患、癌、細胞死を伴う多くの疾患の薬剤の標的である。抗癌活性を示す薬物のスクリーニングを行った中で、キナーゼを活性化させる低分子化合物を見出した。私はキナーゼ活性化による癌細胞死の誘導メカニズムを解析するとともに、癌におけるキナーゼ活性化剤の有用性について検討している。

研究上の技術

Western blot、免疫組織化学

研究キーワード

キナーゼ活性化剤、抗癌剤、分子標的薬

代表的論文(5編以内)

Tanaka Y, Shibata MA, Morimoto J, Otsuki Y. (2011) Sunitinib suppresses tumor growth and metastases in a highly metastatic mouse mammary cancer model. Anticancer Research 31(4): 1225-1234

公的研究費獲得状況

平成28年度~30年度 科学研究費補助金 若手研究(B)キナーゼ活性化剤が導く癌治療への新たな展望

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
-
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.