研究者検索

平田 あずみ(Hirata Azumi) 

名前
平田 あずみ
平田
所属
解剖学教室
役職
講師(准)
3Sentencesでの研究紹介
岡山大学歯学部歯学科卒業後、同大歯学部附属病院第2口腔外科研修医、同大歯学部口腔解剖学第1講座助手、助教として勤務。学位取得の後、フランスパリ第5大学歯学部および医学部にて招聘研究員(文部科学省プログラム)、帰国後、大阪大学大学院工学研究科特任研究員、京都府立大学大学院生命環境科学特任助教をへて現職。歯・歯周組織・口蓋形成に関わる細胞の分化と基質形成を制御するメカニズムを解明することを目的として、マウス・ラットを用い、細胞生物学的手法により研究を行っている。
研究上の技術
マウス、ラット、組織学、免疫組織化学、酵素組織化学
研究キーワード
歯、歯周組織、口蓋、骨、硬組織
代表的論文(5編以内)

1. Homeobox family Hoxc localization during murine palate formation.Hirata A, Katayama K, Tsuji T, Imura H, Natsume N, Sugahara T, Kunieda T, Nakamura H, Otsuki Y.Congenit Anom (Kyoto). 2016; 56, 172-179.2015 Dec 31. doi: 10.1111/cga.12153.

2. Effects of Surfactant and a Hyperthermostable Protease on Infectivity of Scrapie-Infected Mouse Brain Homogenate.Hirata A, Sakudo A, Takano1 K, Kanaya S, Koga Y.J Biotechnol Biomater 2015. July 22, 5(3): doi:10.4172/2155-952X.1000194.

3. Plithotaxis, a collective cell migration, regulates the sliding of proliferating pulp cells located in the apical niche.Hirata A, Dimitrova-Nakov S, Djole SX, Ardila H, BaudryA, Kellermann O, Simon S, Goldberg M.Connect Tissue Res. 2014 Aug;55 Suppl 1:68-72. doi: 10.3109/03008207.2014.923855.

4. TCDD disrupts posterior palatogenesis and causes cleft palate.Yamada T, Hirata A, Sasabe E, Yoshimura T, Ohno S, Kitamura N, Yamamoto T.J Craniomaxillofac Surg. 2014 Jan;42(1):1-6. doi: 10.1016/j.jcms.2013.01.024.

5. Heparanase localization during palatogenesis in mice.Hirata A, Katayama K, Tsuji T, Natsume N, Sugahara T, Koga Y, Takano K, Otsuki Y, Nakamura H.Biomed Res Int. 2013;2013:760236. doi: 10.1155/2013/760236.

公的研究費獲得状況

平成2729年度 科研費(挑戦的萌芽研究)結晶構造から探るS. mutans由来新規タンパク質による病原性獲得機構の解明(研究代表者)

平成2427年度 科研費(基盤研究(C))セロトニンによるセメント芽細胞分化と歯周組織形成制御メカニズムの解明(研究代表者)

平成2123年度 科研費(基盤研究(C))ヘパラナーゼによる上皮鞘基底膜断裂と歯周組織再生制御機構の解明に関する研究(研究代表者)

平成2223年度 科研費(基盤研究(C))パールカンが関与する上皮鞘基底膜消失から検討した口蓋裂発生メカニズムの研究(研究分担者)

平成2021年度 科研費(萌芽研究)口蓋裂発生の機序解析の新展開-口蓋突起癒合時の上皮索基底膜動態からの検討-(研究分担者)

平成1921年度 科研費(基盤研究(C))多分化骨髄細胞移植法によるヒト顎骨再生の効率化および組織生物学的評価法の確立(研究分担者)

平成1920年度 科研費(基盤研究(B))骨吸収の分子遺伝子解析とプロピオン酸菌発酵物質を用いた骨吸収抑制法の創出(研究分担者)

平成18年度 科研費(萌芽研究)歯の発生に係るミッドカイン(MK)の機能についての研究(研究分担者)

平成1617年度 科研費(若手研究(B))セメント芽細胞分化過程における上皮鞘基底膜プロテオグリカンの動態に関する研究(研究代表者)

特許

リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.