研究者検索

前村 憲太朗(Kentaro Maemura)

名前
前村 憲太朗
所属
解剖学教室
役職
専門教授
3Sentencesでの研究紹介

昭和61年に大阪医科大学を卒業し、大阪医科大学第二内科に入局。3年間ラ・ホヤ癌研究所(現 Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Institute)に留学して糖鎖に関する研究を行い、学位を取得。解剖学教室に勤務後は、非神経系系末梢組織におけるGABAの機能解明を中心に研究し、現在は肝臓癌における遺伝子およびヒストン修飾に関して研究を行っている。

研究上の技術

免疫組織化学、遺伝子導入、生化学(ウエスタンブロッティングなど)

研究キーワード

肝臓癌 DNAメチル化 ヒストン修飾 Delta-like3

代表的論文(5編以内)

Narabayashi, K., Ito Y., Maemura, K., Inoue T., Takuuchi, T., Otsuki, and Higuchi, K. (2015) Indomethacine suppressed LAMP-2 expression and induces lipophagy and lipoapoptosis in rat enterocytes via the ER stress pathway. Journal of Endoscopy 50:541-554

Maemura, K., Yoshikawa, H., Yokoyama, K., Ueno, T., Kurose H, Uchiyama K., and Otsuki, Y. (2013) Delta-like3 is silenced by methylation and induces apoptosis in human hepatocellular carcinoma. International Journal of Oncology 42:817-822.

Yano, M., Kuroda, N., Han, H., Horike, M., Nishikawa Y., Kiyonari H., Maemura, K.,Yanagawa, Y., Obata, K., Takahashi, S., Ikawa, T., Satoh, R., Kawamoto, H., Mouri, Y., and Matsumoto, M. (2008)Aire controls the differentiation program of thymic epithelial cells in the medulla for the establishment of self-tolerance. Journal of Experimantal Medicine 205:2827-2838.

Maemura, K., Yanagawa, Y., Obata, K., Egashira, Y., Shibayama, Y., and Wtanabe M. (2006) Antigen-presenting cells expressing glutamate decarboxylase 67 were identified as epithelial cells in glutamate decarboxylase 67-GFP knock-in mouse thymus. Tissue Antigens 67:198-206.

(学位論文)Maemura, K. and Fukuda, M. (1992) Poly-N-acetyllactosaminyl O-glycans attached to Leukosialin. Journal of Biological Chemistry 34:24379-24386.

公的研究費獲得状況

文科省科研費(代表) 各種炎症性サイトカインのCore2糖転移酵素に及ぼす影響.  1,700千円, 1997-1998

文科省科研費(代表) γ‐アミノ酪酸(GABA)のヒト大腸癌の分化・発育に及ぼす影響2,000千円, 2007-2008

(財団法人)大阪難病研究財団医学研究助成(代表)潰瘍性大腸炎(Ulcerative colitis)の病態及び新しい治療薬の検討. 2,000千円,2000

(財団法人)大阪難病研究財団医学研究助成(代表)γ‐アミノ酪酸(GABA)のヒト大腸癌の分化・発育に及ぼす影響 2,000千円,2001

(財団法人)大阪難病研究財団医学研究助成(代表) γ‐アミノ酪酸(GABA)A受容体の細胞内局在およびその機能に関する検討. 2,000千円,2002

(財団法人)大阪難病研究財団医学研究助成(代表)γ‐アミノ酪酸(GABA)A受容体a1サブユニットの癌細胞における機能に関する検討. 2,000千円,2003

(財団法人)大阪難病研究財団医学研究助成(代表) GABAの胃癌細胞増殖作用およびその産生酵素の消化器系癌組織における発現様式.1,400千円, 2007

私立大学教育研究高度化推進特別補助(分担) 正常および異常組織・細胞におけるGABAシステムの機能と臨床応用に関する研究. 8,500千円, 2004 

特許
-
リンク
(ResearchMap、シーズ集、教室ホームページ、レポジトリーなど)
-
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.