令和2年度 共同研究プロジェクト一覧

代表者氏名(50音順) 研究テーマ
朝日通雄①  
(薬理学・教授)
糖鎖修飾をターゲットとした癌及び循環器疾治療薬の開発
朝日通雄②  
(薬理学・教授)
イオンチャネル及び筋小胞体タンパク質による心機能の制御機構の解明と心不全治療薬の開発

朝日通雄③

(薬理学・教授)

ips細胞を用いた難治性疾患の病態解明と新規治療薬の開発
生城浩子
(生化学・講師)
 α-オキサミン合成酵素ファミリーならびに関連アミノ酸代謝酵素の構造生物学的比較研究
小野富三人
(生理学・教授)
脊椎動物でシナプス特異的に見られるアセチルコリン受容体の進化的解析
内山和久  
(病院薬剤部・部長)
 基礎および臨床データを用いたPharmacokinetics解析および医薬品安全性の評価に関する研究
呉 紅 (微生物学・講師) H.pyloriの病原因子のナノ輸送システムにおける輸送ルートについて

坂口翔一   
(微生物学・助教)

網羅的ウィルス探索システムの構築と自己免疫疾患におけるウィルス感染動態の解明

柴田雅朗

(解剖学・准教授)

乳癌転移モデルにおけるリンパ節の転移前ニッチの形成機序

田中智人

(産婦人科学・講師(准))

子宮癌および卵巣癌における細胞外小胞の解析と新規治療薬への応用

谷口高平 ①
(消外/TR部門・講師(准))

MicroRNAによる、がん病態の解明と核酸創薬への試行
谷口高平 ②
(消外/TR部門・講師(准))
消化管手術が体内細菌叢に及ぼす影響のメタゲノム解析研究
玉置淳子  
(衛生学・教授)
生活習慣病予防のための疫学的研究
中野隆史   
(微生物学・教授)
電気分解の医療応用に関する研究
原田明子   
(生物学・講師)
生物の環境適応に関わる分子機構解明への多面的アプローチ〜細胞応答から種分化まで〜
二木杉子 
(解剖学・助教)
基底膜イメージングモデルマウスを用いた血管基底膜ターンオーバー解析

本庄かおり

(社会・行動科学・教授)

社会的健康決定要因の健康影響とそのメカニズムに関する社会疫学研究
吉田秀司  
(物理学・准教授)
バクテリアの転写・翻訳制御によるストレス応答に関する研究
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.