伊藤 ゆり Yuri Ito

大阪医科大学 研究支援センター 医療統計室
室長・准教授

略歴

2002年3月 大阪大学 医学部 保健学科 卒業
2004年3月 大阪大学大学院 医学系研究科 博士前期課程修了(保健学修士)
2006年8月~2007年1月 ロンドン大学 衛生学・熱帯医学校 訪問研究員
2007年3月 大阪大学大学院 医学系研究科 博士後期課程修了(保健学博士)
2007年4月 大阪府立成人病センター調査部 リサーチ・レジデント(がん研究振興財団)
2010年4月 大阪府立成人病センター がん予防情報センター疫学予防課
研究員(生物統計研究職)
2015年4月 同 主任研究員(生物統計研究職)
2017年4月 大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部(組織改称にともなう)
主任研究員(生物統計研究職)
2018年4月 大阪医科大学 研究支援センター 医療統計室 室長 准教授

教育歴

2007-2012年度 ロンドン大学衛生学・熱帯医学校 がん生存解析ショートコース
2008-2012年度 日本看護協会認定看護師・緩和ケアコース(がん疫学)
2008年度-現在 立命館大学産業社会学部 非常勤講師(衛生学)
2009-2016年度 白鳳女子短期大学 非常勤講師(疫学)
2018年度-現在 立命館大学産業社会学部 非常勤講師(健康格差)

主な研究・専門分野

専門分野

保健統計・疫学、がん登録・がん検診、健康格差、データベース研究

研究テーマ

  • がん患者の生存解析
  • がん罹患率・死亡率・生存率のトレンド解析
  • がん統計資料に基づくがん対策の評価
  • 公的統計を用いた健康格差指標のモニタリング
  • 飲食店における受動喫煙防止環境の整備

所属学会

  • 日本疫学会(代議員)
  • 日本がん登録協議会(専門委員)
  • 日本癌学会
  • 日本がん疫学分子疫学研究会
  • 日本計量生物学会
  • 日本公衆衛生学会

競争的資金の獲得

平成30~32年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(C) 「都道府県規模でのがん罹患数の統計学的評価」(研究代表者:加茂 憲一) 分担研究者
平成29~31年度 厚生労働省科研費 がん対策推進総合研究事業 「科学的根拠に基づくがん種別・年代別検診手法の受診者にわかりやすい勧奨方法の開発に関する研究」(研究代表者:中山富雄) 分担研究者
平成29~31年度 厚生労働省科研費 がん対策推進総合研究事業 「都道府県がん登録の全国集計データと診療情報等の併用・突合によるがん統計整備及び活用促進の研究」(研究代表者:松田智大) 分担研究者
平成29~31年度 厚生労働省科研費 がん対策推進総合研究事業 「がん対策の進歩管理のための指標と測定の継続な発展に向けた研究」(研究代表者:東尚弘) 分担研究者
平成29~32年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(B) 「集団における疾病の罹患・死亡状況の要因分析と介入効果の予測研究」(研究代表者:片野田耕太) 分担研究者
平成29~30年度 統計数理研究所共同利用研究 一般研究2 「健康格差対策に必要な公的統計指標:わが国における公的統計の利活用と諸外国との比較」 (研究代表者:伊藤 ゆり)
平成29~30年度 統計数理研究所共同利用研究 一般研究2 「マイクロシミュレーションによる(大腸)がん罹患率・死亡率の変動予測:がん対策の優先順位」(研究代表者:福井敬祐) 分担研究者
平成29年度 成人病医学研究助成(財団法人大阪成人病予防協会)「がん登録資料を用いたがん生存解析に関する方法論と適用に関する研究」(研究代表者:伊藤ゆり)
平成28~30年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(C) 「空間のアーキテクチャと規制に関する疫学・地理学・社会学による融合型研究」(研究代表者:太田健二) 分担研究者
平成28~30年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(C) 「個別化医療時代におけるがん患者の意思決定支援のための予後予測モデルの構築」(研究代表者:伊藤ゆり)
平成27~28年度 厚生労働科学研究費 政策科学総合研究事業(統計情報総合研究)
「健康格差対策に必要な公的統計のあり方に関する研究」班(研究代表者:伊藤ゆり)
平成27~30年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(B)「多元的な地域特性からみた近隣健康格差とその動態解析」(研究代表者:中谷友樹) 分担研究者
平成26~28年度 厚生労働科学研究費(がん政策研究事業)「がん対策推進基本計画の効果検証と目標設定に関する研究」班(研究代表者:加茂憲一) 分担研究者
平成26~28年度 厚生労働科学研究費(がん政策研究事業)「都道府県がん登録データの全国集計と既存資料活用によるがん及び診療動向把握の研究」班(研究代表者:松田智大) 分担研究者
平成26年度 厚生労働科学研究費(労働安全衛生総合研究事業)「印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究」(研究代表者:圓藤吟史) 分担研究者
平成25年度 厚生労働科学研究費(第3次対がん総合戦略研究事業)「革新的な統計手法を用いたがん患者の生存時間分析とその情報還元に関する研究」班(H25-3次がん-若手-008) 研究代表者
平成25年度 厚生労働科学研究費(第3次対がん総合戦略研究事業)「アジア諸国でのがん予防、がん検診、がん治療向上のための調査研究」班(H23-3次がん-一般-003)(主任研究者:田中英夫) 分担研究者
平成24~26年度 文部科学省科学研究費 若手研究(B)「生存時間解析における樹木構造接近法によるがん患者の予後予測モデルの検討」 研究代表者
平成24~26年度 文部科学省科学研究費 基盤研究(B)「地理的剥奪指標に基づく近隣健康格差の分析」(研究代表者:中谷友樹) 分担研究者
平成22~24年度 厚生労働科学研究費(がん臨床研究事業)「既存統計資料に基づくがん対策進捗の評価手法に関する実証的研究」班(主任研究者:津熊秀明) 分担研究者

受賞歴

2017年9月 第36回 日本癌学会奨励賞
2015年6月 地域がん登録全国協議会 平成27年度 学術奨励賞
2015年1月 第25回 日本疫学会学術総会 最優秀演題賞(Award of Excellence)
2014年6月 地域がん登録全国協議会 平成26年度 藤本伊三郎賞
2013年1月 第23回 日本疫学会学術総会 優秀口演賞
2012年6月 第21回 地域がん登録全国協議会学術集会 優秀ポスター賞
2011年10月 33rd Annual Meeting of International Association of Cancer Registries, Poster Award
2010年10月 32nd Annual Meeting of International Association of Cancer Registries, Enrico Anglesio Prize
2009年11月 20th Asia Pacific Cancer Conference, Young Investigators Award
2007年3月 大阪対がん協会研究奨励賞(公益財団法人大阪対がん協会)
2006年3月 大阪対がん協会研究奨励賞(公益財団法人大阪対がん協会)
2005年3月 大阪対がん協会研究奨励賞(公益財団法人大阪対がん協会)

主な筆頭論文

  1. Ito Y, Nakaya T, Ioka A, Nakayama T, Tsukuma H, Uehara S, Kogawa Sato K, Endo G, Hayashi T. Investigation of Spatial Clustering of Biliary Tract Cancer Incidence in Osaka, Japan: Neighborhood Effect of a Printing Factory. J Epidemiol. 2016; 26 (9): 459-63
  2. Ito Y, Nakaya T, Nakayama T, Miyashiro I, Ioka A, Tsukuma H, Rachet B. Socioeconomic inequalities in cancer survival: A population-based study of adult patients diagnosed in Osaka, Japan, during the period 1993-2004. Acta Oncol. 2014; 53 (10): 1423-33
  3. Ito Y, Miyashiro I, Ito H, Hosono S, Chihara D, Nakata-Yamada K, Nakayama M, Matsuzaka M, Hattori M, Sugiyama H, Oze I, Tanaka R, Nomura E, Nishino Y, Matsuda T, Ioka A, Tsukuma H, Nakayama T, the JCRG. Long-term survival and conditional survival of cancer patients in Japan using population-based cancer registry data. Cancer Science. 2014; 105 (11): 1480-6
  4. 伊藤ゆり, 中村正和. たばこ税・価格の引き上げによるたばこ販売実績への影響. 日本公衆衛生学会誌. 2013; 60 (9): 613-8
  5. 伊藤ゆり, 中山富雄, 山崎秀男, 津熊秀明. 市町村におけるがん検診精度管理指標の評価方法について -Funnel plotによる評価-. 厚生の指標. 2013; 60 (11): 20-5
  6. Ito Y, Nakayama T, Miyashiro I, Ioka A, Tsukuma H. Conditional survival for longer-term survivors from 2000--2004 using population-based cancer registry data in Osaka, Japan. BMC Cancer. 2013; 13 (1): 304
  7. 伊藤ゆり, 北尾淑恵, 中山富雄, 渋谷大助. 子宮頸がん検診の無料クーポン券配布および未受診者への受診再勧奨の効果:コール・リコール制度の試み. 公衆衛生. 2012; 76 (10): 827-32
  8. Ito Y, Nakayama T, Tsukuma H, Miyashiro I, Ioka A, Sugimoto T, Rachet B. Role of age and tumour stage in the temporal pattern of 'cure' from stomach cancer: A population-based study in Osaka, Japan. Cancer Epidemiol. 2012; 36 (2): 128-32
  9. Ito Y, Ioka A, Nakayama T, Tsukuma H, Nakamura T. Comparison of the trends in cancer incidence and mortality in Osaka, Japan, using an age-period-cohort model. Asian Pac J Cancer Prev. 2011; 12 (4): 879-88
  10. Ito Y, Ioka A, Tsukuma H, Ajiki W, Sugimoto T, Rachet B, Coleman MP. Regional differences in population-based cancer survival between six prefectures in Japan: Application of relative survival models with funnel plots. Cancer Sci. 2009; 100 (7): 1306-11
  11. Ito Y, Ioka A, Tanaka M, Nakayama T, Tsukuma H. Trends in cancer incidence and mortality in Osaka, Japan: Evaluation of cancer control activities. Cancer Sci. 2009; 100: 2390-5
  12. Ito Y, Ohno Y, Rachet B, Coleman MP, Tsukuma H, Oshima A. Cancer survival trends in Osaka, Japan: the influence of age and stage at diagnosis. Jpn J Clin Oncol. 2007; 37 (6): 452-8
Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.