• ホーム
  • 研究支援センター長のあいさつ

研究支援センター長のあいさつ

研究活動は、いうまでもなく、教育、診療と並んで、本学の基本的ミッションの柱の一つです。今まで私は日本とアメリカで、いくつかの大学や研究機関で働く機会をもちましたが、本学は世界のトップレベルの機関とくらべても、学生や職員の人的資源、研究のためのリソース、地の利も含めて、たいへん大きなポテンシャルをもっていると思います。このポテンシャルをフルに活用してすぐれた研究成果をあげ、世の中に還元できるためには、研究機構はどのような形で役割をはたせばよいのか、大槻新学長や学内外の先生方、職員の皆様のお知恵をかり、力をあわせて考えていきたいと思っています。

私はアメリカから帰国して、本学に赴任してからちょうど一年を過ぎたばかりです。このような責任ある立場につくのには予想外のことでしたが、本学の研究活動に広く貢献できますよう微力ながら努めてまいりたいと思います。皆様のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

平成27年6月
大阪医科大学研究支援センター
小野 富三人

Copyright (C) Research & development Center, Osaka Medical College. All Rights Reserved.